広い浸透が期待される食品

グラノーラ

今後幅広く浸透が期待される食品は、手軽に摂取できる事と栄養素含有量が高い事が条件に挙げられる。グラノーラは主原料が栄養豊富であり、また手軽な摂取に向けた工夫が容易である事から、今後の更なる浸透の拡大が期待されている。

いまや朝食のメインです

女性

グラノーラは現代の朝食において、白米やパンに匹敵するほど地位を高めていると言えるでしょう。栄養価もあるので、同じ朝食に飽きた人はたまに試してみると楽しいです。自分なりにアレンジもしやすいので、自分好みを食べ方を考えてみるのも良いでしょう。

きれいになれる朝食

牛乳

手軽な朝食として大人気のグラノーラは、牛乳やヨーグルトをかけるだけでおいしく食べられます。甘みもありますしナッツやドライフルーツが含まれていますから、食感も良いというメリットがあります。栄養もたっぷりと含まれていて、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富ですから、女性に嬉しい美容効果満載です。

栄養分や食べ方

手軽に食べれて健康に嬉しい効果を発揮するのがグラノーラです。味を重視する方は、こちらのサイトを参考にしましょう。

低カロリーで栄養豊富

グラノーラ

グラノーラは、牛乳などをかけるだけで手軽に食べることができるため、朝食などに便利ということで人気がある食品です。手軽なだけでなく、少量でもお腹を満たすことができるという特徴もあります。なぜならグラノーラは、オーツ麦やナッツ類、ドライフルーツなど多くの植物から作られているからです。これらには、お腹の中で長くとどまる食物繊維が豊富に含まれているので、食べた後は空腹感が生じにくくなるのです。また、ビタミン類やミネラル類、さらには不飽和脂肪酸も含まれています。しかも乾燥させてあるため、少量の中にもこれらの栄養分がぎゅっと凝縮されています。そのため少ない摂取カロリーで効率良く栄養補給ができることから、グラノーラはダイエットのためにも使われています。

効果的な食べ方

グラノーラは、1食で約50g食べることが目安とされているのですが、それによる摂取カロリーは約220kcalです。成人の1食分の平均摂取カロリーは約700kcalなので、食事代わりにグラノーラを食べれば、1日の摂取カロリーを大幅に減らすことができます。わずか50gでも、先述したように繊維質が豊富なので、腹持ちは良いです。さらにグラノーラは、そのまま食べることもできますが、牛乳をかけると膨らんで量が多くなります。ヨーグルトに混ぜた場合も、ある程度膨らみますし、ヨーグルトの分だけ全体の量も増えることになります。そのため50gでもお腹を満たすことが可能ですし、もちろん牛乳やヨーグルトに含まれている栄養分も摂取できるので、より体に良い影響を与えることができるのです。